BLOG
2020.4.22

テレワークが進まない理由

このCOVID19の影響で、一気に話題となった「テレワーク」「リモートワーク」ですが、

実施している企業は明らかに増えているものの、政府や自治体が期待する数字にまでは至ってないようです。


そもそもですが、「テレワーク」「リモートワーク」「在宅ワーク」といったワードが注目を浴びたのは、COVID19が発生したからではなく、

「働き方改革」の中の一環としてだと思われます。


確かに、テレワークが、COVID19の感染拡大に有効なのは、専門的な観点からも、素人観点からも明らかですが、


それが主目的ではないことが、実施企業の増加が思ったように進まない大きな原因だと思います。


ちなみ、当社では、大きな声で言えないですが、テレワークはしておりません。多少の時短営業など、できることはしてますが、ビルメンテナンス業の性質上、現場が動いているというのが、やはりテレワーク化しにくい現状を生んでいます。

ただ、今後もずっとテレワーク化しないかというと、そんなことはないと思います。やはりこの取り組みには「準備」が必要なのです。業界的に旧態依然な部分が多いのは否めないのですが、それを理由にテレワーク化を阻むことはないと思います。

とにかく今は、テレワーク云々ではなく、現状の仕事をしっかり進めることや現場のスタッフの安全や健康を考えることなのだと思います。それが落ち着いてこそ、あらためて「テレワーク」の重要性を会社として考える時なのかなと思います。