BLOG
2020.3.18

ありがたいお仕事

なんだかんだ約2週間ぶりの投稿になってしまいました。

意識はないけど、ブログを書くというのは、そこそこの時間を割くので、後回しになりがちです。

この投稿にもっと意義を見いだしで続けていこうと思います。



さて、本題です。

世間は、2週間前からかわらずの、「COVID19パニック」が続いています。


会社として仕事があること、また、一個人として、こういう状況でも仕事があることに、ありがたさを感じています。

仕事があるといいましたが、100%の状態でできているかというと、そうではありません。

弊社では、ホテルの清掃も受託していますが、ホテル稼働の激減により、大きな影響をうけています。


稼働が少ないということは、空室が多いということですからイコール 清掃する数も減るわけです。

清掃実施数に基づいて売上が算出されるので、ホテル稼働減=清掃受託者の売上減 となります。


併せて、考えなければならないのが、清掃スタッフ数です。清掃数が少ないのであれば、清掃スタッフ数も少なくて済むわけですから、稼働に合わせて出勤人数を調整すればいいのですが、

時給で働くスタッフ、特に生活かかってるスタッフにとっては、仕事がなくなるのは死活問題なわけで、


一時的な稼働減であれば、我慢できるかもしれませんが、長期的に稼働が落ち続けると、そこで働き続けるよりも、仕事させてくれる他の会社に転職してしまうこともあるでしょう。


貴重な人材が減っていくのは大変残念ですが、それぞれの生活のことを考えたときは、あきらめざるを得ないです。稼働が上昇してくれば、仕事も増えるのですが、その時にまた戻ってきてくれるかどうかは別問題です。

稼働率に影響をうける業種は、いいときはいいし、悪いときはとことん悪くなっていく というのを痛感しています。


そんな中でも、安定して仕事ができているのが、ビル・マンションの清掃です。
稼働率というもので判断しないので、こういった世間の状況下でも、日々お仕事をできています。

ホントにありがたいことです。


とはいえど、「COVID19パニック」はまだ収束する見込みがありません。最終的にどれだけの打撃を受けるかはわかりませんが、とにかくいまある仕事に感謝して、日々邁進してまいります。