BLOG

2020.3.5

発信力

中の人

「COVID19パニック」



日本はまさに今そんな状況です。

非常事態、異常事態に陥ると、冷静さを失うのは仕方ないことかもしれませんが、



こういう時こそ、いつも以上に慌てないことが大事だと思います。



特に、「情報」には要注意です。





「トイレットペーパーがなくなる」という情報が瞬く間に日本中に広がり、



店からトイレットペーパーが消えました。



その情報が「デマ」であることが明らかになり、トイレットペーパーメーカー各社が在庫潤沢の情報を出したことで、この件については落ち着きを見せつつあります。



今更、デマの発信源を責め立ててもどうしようもないことと思いますが、今後、正しい情報を選ぶために重要なことは、「情報の出どころ」であることは、間違いないでしょう。

改めて言うことではないことなのかもしれませんが、冷静さを失うと、得体のしれない何者かの「トイレットペーパーがなくなる」という情報発信にすら、日本全国が振り回されてしまうということが、

よくわかったと思います。



SNSが発達し、誰もが「発信元」になることができる世の中になりました。



「トイレットペーパーがなくなる」



決してマスコミ発の情報ではないのです。





SNSの気軽さは、いい点でもありますが、読む人の存在を意識しないといけません。



SNSのアカウントのフォロワーだけで留まればさほどの影響はないでしょうが、それが「拡散」されたら歯止めは聞かないでしょう。



自分の「独り言」を誰が見てるかわからないわけです。



だからこそSNSでの「独り言」には責任をもつことが大事なのです。





自分の持つ「発信力」、改めて考えてみましょう。